FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の記憶

前回の更新からあっという間に時間が経っちゃいましたが
3週間前に父が亡くなりまして、あわただしく過ごしてまいりました…。
長引くと思ってたのでそうとわかってたらもっとああしてあげてればよかった~とか
後から色々と思い出すんですが、でもよくよく考えるとその時にできる精一杯のことを
やってあげてたんだと気づいてちょっと慰められました。

決して完璧でも十分でもなかったけど、それでもなんとか最低限やってあげられた、と
納得できるギリギリのラインだったかな…と思います。
思えば息子の引っ越しから何から予定がギュウギュウ詰めで、
こちらはただ予定に追われるばかりで、いついつまでに〇〇をしておかないと! 
って感じで動いていたのが結局はそれがベストのタイミングだったと後から気づきました。
すべてがそうやってまるで計られたように流れていった気がします…

父は春真っ盛りの満開の桜の季節に旅立ちました。
誤嚥性肺炎だったので最後は呼吸ができずに苦しそうでした。
家族全員で看取りました。



両親の病気と事故をきっかけに同居を始めて10年以上経つわけですが、
その間色々な葛藤もあり、ケンカもあり、日々(主に私と母の)自我と自我のぶつかり合いでした。
老いてゆく両親と共に自分も老いてゆく。
体が徐々にきかなくなり、考えが固くなり、ますます頑固になり、我儘になり、
そんな自分にいら立って怒り、やがて受け入れていく過程を見ながら、
自分の未来をそこに見出して道しるべとする日々。

年を取るということは、
去年までできていたことが今年はできなくなること。
先月まで普通にできていたことが今月はできなくなり、
先週できたことが今週はできなくなり、
きのうできたことが今日はできなくなり、
さっきまでできていたことが、今はもうできなくなり、
たった今できたことが、今この瞬間にできなくなること。

母の寝室は1階、父の寝室は2階にありました。
毎晩、寝に行く時、父は夜中に飲む麦茶のボトルを抱えて
まるで今生の別れのように母の手を握り、
じっと見つめて名残惜しそうに手を振ってから私たちにも手を振って、
ゆっくりゆっくり息を整えながら階段を上って行きました。

毎晩そうやって今生の別れの挨拶をしていたのだろうと思います。


死ぬ瞬間になにが起こるのか。

死とは何か。


まあそれは自分の番が来た時にわかるんだろうけど、
生の終わりのその瞬間が神聖なものであることは疑いようのない事実と確信します。

16年前、それが描きたくて小説「蛙の王子」を書いたんだっけ。

関連記事

Comment

NoTitle
はにわさん

中国の今の情勢では個人の帰国でさえ難しいんですね。
マイミクさん、お気の毒です…。
それでも何とか帰国できたんでしょうか??

うちも数年前父の姉が亡くなった時にやはり争いになりました。
遺言はちゃんと残しておかないとだめですね。
とても大切だけど難しい問題が、生きてる間は後回し。
そして残された人が苦労することに…;;

就活ならぬ終活がはやるのもそうした教訓からなんでしょうか…
(^^;)
  • 2014-05-03│16:30 |
  • 葉月真水 URL│
  • [edit]
NoTitle
今年、あるマイミクさんのお父様が他界されました。
癌が急に、ものすごい速さで進行。
しかし、マイミクさんは中国にいる。
中国から出るのってすっごい大変な事なんですよ。
それを親族が理解しなくて泣きの毎日だったそうです。
結婚とか死って、すっごく大事な事なのに、絶対争いになる。
あれって不思議だなあって思います。
友達なら争わない事で争いになる。
加藤登紀子さんは、50歳になるのが怖くて、で、ある時50歳から折り返そう。
好きな事だけして生きて行こう。
と思ったら楽になったそうです。
死って、生きるってなんだろうってことかなあ。

お父様の事、お疲れさまでした。
そして、考えさせられるお話をありがとうございます。
  • 2014-05-03│12:29 |
  • はにわ URL
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

葉月眞水

Author:葉月眞水
剣と魔法のオリジナルファンタジー小説を執筆中。
ケルトやネイティブ・アメリカンものが好きで、 年4回創作イベントコミティアに参加しています。(サークル名Aldebaran)
今少しずつ載せてるのは、以前既刊誌で出したお話です。
遅筆なため、新刊はなかなか出ませんが地道に活動中。
よろしくお願いしますv




カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ツリーカテゴリー

クリックすると開閉します

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。